焙煎機について

手網焙煎も楽しい!

コーヒーを焙煎するには、フライパンでも金ザルでもできます。生豆さえ手に入れれば、とても簡単にコーヒー焙煎が楽しめます。私も最初は手網焙煎から始めました。

でも、手網焙煎では、一般的には浅煎り焙煎は難しいと言われています。もちろん腕前次第では上手に焙煎できまが、それがなかなか難しい。

現実的には、浅煎りの焙煎をして、満足のゆくコーヒーにするためには、それなりの機能を持った焙煎機が必要だと私は思います。

商業的に焙煎するなら、プロ用の焙煎機を用います。

焙煎のプロたるもの、まずはそのコーヒーが美味しいことが必要です。美味しくコーヒーを焙煎する技術があり、それが実現できる機能が備わっている焙煎機が必要です。

また、再現性の高さが必要です。「昨日は美味しかったけど、今日はイマイチだね」が許されないのがプロの世界。ですから、プロが使う焙煎機は、再現性が高くないといけません。

もちろん、少量では商売になりませんから、ある程度の量が焙煎できる容量も必要です。

ン百万円(@_@)

それらの条件を満たす焙煎機は、安いもので数十万円、高いものだと数千万円します。一般的にショップロースターとして使われているのは数百万円台が多いのではないでしょうか?

当店の所有するDiedrich社製IR-2.5も、やはり数百万円クラスです。

「焙煎家として起業したい」「自家焙煎コーヒー店を開業したい」と考える人は、結構いると思います。でも、資金も経験もない人が、何百万円も払って焙煎機を買えるでしょうか?

これがロースターとして起業したい若者を阻む大きなハードルです。

<<そのハードルを下げよう!>>というのが焙煎ラボの大きな目的です。

焙煎ラボでは、Diedrich IR 2.5 (最大バッチ2.5kg) とaillio Bullet Roaster(最大バッチ1kg)をご利用できます。

最低限の操作、安全確保、メンテナンスはご利用初回に指導しますが、その後は自由に使ってくださって結構です。

(あ、深煎りはご遠慮ください。油や煤がドラム内に付着してクリーニングしなくちゃいけなくなるので)

導入予定です!

また、Diedrich IR-2.5には、複数の温度計を追加して、コーヒー豆に与える熱量を網羅的に把握する取り組みをしています。かなりマニアックな仕様となってます。プロの焙煎家にこそ使ってもらいたい焙煎機です。

Bullet Roasterは、標準仕様のままですが、もともと最先端のセンサーとソフトウェアを備えた注目のマシンです。性能はプロ仕様ですが、ホームロースターとしてもご使用できます。

本気で起業したい方も、焙煎をエンジョイしたい方も、まずは、焙煎機を触って、使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。